ICレコーダー(音声ファイル)のテープ起こし

ICレコーダーに関するご質問


ICレコーダーの展望は?

ICレコーダーにクリアに録音する方法は?

カセットテープ、MD(ミニディスク)、VHS(ビデオ)などもネットで送れますか?

メールに音声ファイルを添付しても大丈夫?



テープおこしメール




オススメリンク

テープ起こし必須知識(Blog)
テープ起こし、ここが人気らしい
音声起こし|PSネット
ICレコーダー(音声ファイル)のテープ起こし
英語のテープ起こし/翻訳
裁判テープ起こし
携帯テープ起こし
神戸|テープ起こし
テープ起こし、ここが好き

ICレコーダーQ&A


ICレコーダー、音声ファイルのテープ起こしのことなら、お任せください。 弊社なら安心です。

音声おこし,ICレコーダー起こし
Teardrop Rose / fayemozingo



●ICレコーダーの展望は?

デジタル録音で音質がよく、圧縮をしても特別な方式なので音質は落ちず、パソコンへはUSB接続で簡単かつ瞬時に取り込めることから、ICレコーダーは録音媒体の主流になっています。

●ICレコーダーにクリアに録音する方法は?

ICレコーダーは2人までの録音には適していますが、 多人数の会議では非常に聴き取りにくいことが少なくありません。 内蔵マイクの機能には限界があるため、音源が遠いと明瞭な録音は不可能です。

複数人数の録音をするときは、ICレコーダーは電源コードも付いていなくて、軽くて手のひらに入る小さいものですから、それぞれの話者の口に近づけて収録してください。

声の聴き分けは難しいため、複数人数の会議の場合は、国会や議会などでするように、「○○さん、どうぞ」と話者を特定できるように議事進行する、あるいは発言前に必ず自分の名前を名乗ることをルールとしてください。

広い会場での講演会など、スピーカーのあるところでICレコーダーを使用する場合は、 講演者の胸ポケットにICレコーダーを入れて、外部マイクは使用せず、 内蔵マイクで収録ください。外部マイクを使うと、スピーカーからの音と話者の口からの音の両方を ICレコーダーが拾うため、音の伝わる速度の違いからエコーがかかって非常に聴き取りにくくなります。

ICレコーダーは何十時間と長時間収録(LP)ができますが、 長時間録音モードは音質が落ちるため、 標準モード(SP)、ハイクオリティーモード(HQ)、ウルトラHQ(UHQ:東芝)、 スーパー(ステレオ)ハイクオリティーモード(SHQ:オリンパス、東芝)で 収録してください。

環境ノイズにも細心の注意が必要です。
外部からの音を遮断するため窓やドアを閉め、エアコン、プロジェクター、通路側、チャイム、パソコンのキーをたたく音など、音が入ってくる場所近くにICレコーダーを置くことは避けてください。携帯電話はマナーモードに。ICレコーダー近くの人の、レジュメを繰る音、くしゃみ、私語、コーヒー茶碗を置く音などがテープ起こしの支障となることが少なくありません。窓ガラスに音が反射してエコーがかからないように、カーテンを閉めるのも効果があります。

ICレコーダー専用スタンドを付けたり、ICレコーダーの下にタオルやスポンジを敷いたり、屋外では風の音が入らないようにマイクに布を巻き付けるなど、工夫してください。
ICレコーダーをポケットに入れて移動しながらの録音は、布擦れの音で声が聴き取れません。ハンカチなどでマイク部分を保護してください。

音声を感知して自動録音・停止する自動音声スタート機能(オートボイス機能)を使っての録音は、音声が小さい場合にも録音停止します。また音を感知するまでの出だし部分が欠落します。テープ起こし予定の録音の場合は、この機能は「OFF/切」で使用ください。
音声認識録音機能はメーカーによって呼び方が異なります。→SONY:VOR、オリンパス:VCVA、SANYO:ALC、AIWA:SLSS、その他メーカー:VOXなど。

固定電話や携帯電話の録音は、背面にマイクが付いているイヤホンを使うと、発信側・受信側双方の声がきれいに入ります。



録音前に電池チェックは忘れずに。

●カセットテープ、MD(ミニディスク)、VHS(ビデオ)などもネットで送れますか?

はい。以下の2つの方法があります。

  1. コネクティングコード(オーディオケーブル/オーディオ接続コード)を使って、 カセットテープ、MD、VHSなどに収録された音声をICレコーダーにダビングすると、 容量の小さい音声ファイルが作れます。そうすることで、簡単にネット転送することができるようになります。
    *オーディオ接続コードは、「抵抗入り」か「抵抗なし」かをご確認のうえ、ご購入ください。
    ダビングの際には、音割れや音量不足にならないように、 テープレコーダー、ミニディスク側の音量を調整してICレコーダーに録音してください。
  2. パソコンに音声を取り入れてWavファイルやMP3ファイルを作り、さらにICレコーダー付属の Editor で容量の小さい圧縮音声ファイルに変換するという方法もあります。


●メールに添付しても大丈夫?

ICレコーダーでつくるファイル形式はWaveファイルよりはかなり小さい容量ですが、 添付ファイルで送る場合、メールサーバーの最大容量を事前に確認する必要があります。また、メールに添付すると、プロバイダーの公開サーバーに保管されるため セキュリティー面で危険であり、またウィルスが転送される危険性もあります。

当方には、暗号化してネット転送する専用Web保管庫がございますので、こちらへのアップロードをお願いいたしております。







サイトメニュー

ホームサッとシステム業務フロー料金表お客様のコメント原稿タイプ録音作業環境プロフィル実績細目テープ起こし厳選プロたち(ヘルプスタッフ)ICレコーダーテープ起こし音声ファイルのテープおこし(Wave MP3)ネット転送フロー英語のテープ起こしセキュリティーテープ起こしソフト辞書・用語集ビジネス検索特別商取引に関する法律に基づく表記サイトマップ

inserted by FC2 system